2010年09月30日

長期平均ははっきりとした上昇気味です。

昨夜の取引のマーケットインの米ドル/円相場は円で、若干買われ過ぎの感がありました。


値足がデッドクロスしたことで底を上回るか注目しています。


30分足のローソクチャートから考えると、明らかな上昇傾向が長く続いた後、陰線の後で小さな陽線が現れるはらみ線で、過去3時間の中に上げ三法に見えなくもない様子があります。


移動平均から考慮すると明らかな下げと読めます。


長期平均より10日移動平均線が下で推移しており、10日移動平均線ははっきりとした下降基調で、長期平均ははっきりとした上昇気味です。


取引の実績から考えると、あれこれ迷わず取引をして大丈夫だろうと。


ボリンジャーバンドは1σ圏辺りに突き抜けたが、20日移動平均線の支持線のために力を失った印象があると思います。


あれこれ迷わず取引をして大丈夫だろうと。


昨夜の取引の米ドル/円相場は非常に方向感がないのでしばらくは穏やかなマーケットになりそうです。


フォレックス・ドットコム

【FX】FXの口座開設を徹底比較

【外為】あなたに合った口座をFX比較して探す

【外為】FX初心者でも安心のFX徹底入門です。

【FX】注目のくりっく365の手数料を比較

海外FX

posted by けんちゃん at 06:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

少し前にローソク足が陽転したことでレジスタンスを維持するか注目です。

前の取引のエントリーはUSD/JPYが円まで上昇し、少し売り時ではないかと思いました。


少し前に新値足が陽転したことでレジスタンスを維持できるか注目されます。


日足のローソクチャートから判断してみると、激しい下降がしばらく続いてから、陰線の後に陽線が収束するはらみ線で、過去3時間の中に酒田五法の明けの明星らしき足があります。


単移動平均で兆候を確認してみると明らかな上昇状況と考えられます。


長期平均線より短期移動平均線が上部で推移しており、どちらの平均線ともに緩やかな上げ基調です。


あいかわらず、一目均衡表の基準線をレジスタンスに高値圏で推移していましたが、少し前にローソク足が陽転したことでレジスタンスを維持するか注目です。


あまりマイナスにならないところでタイミングを見計らって決済するつもりです。


クリック証券FX

【FX】FXの口座開設を徹底比較

【外為】あなたに合った口座をFX比較して探す

【外為】FX初心者でも安心のFX徹底入門です。

【FX】注目のくりっく365の手数料を比較

海外FX

posted by けんちゃん at 06:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

50日平均線は緩やかな上昇トレンドです。

昨日の取引のエントリーはユーロ/円が円まで下落し、三兵を示してありがちなローソクチャートを形成しました。


一目均衡表の転換線をレジスタンスに高い価格帯で移動していましたが、ローソク足がゴールデンクロスしたことで、長いBOX相場の安値が見えてきます。


5分足のローソクチャートから考慮してみると、はっきりとした下げが少し続いてから、先の陽線を陰線が覆う陰線つつみ足で、過去1時間中にに酒田五法の赤三兵のひげがあります。


SMAで兆候を確認してみると激しい下げ状態と見受けられます。


50日平均線より短期移動平均線が下で維持しており、短期移動平均線は下降傾向で、50日平均線は緩やかな上昇トレンドです。


過去の実績を思うと、このチャートはあれやこれや心配せずに売買だと。


ストキャスから予測すると、50%以下で陰転しているので、陰転して、すぐに出た足の始値が取引のタイミングです。


このチャートはあれやこれや心配せずに売買だと。


それほど損をしないように機会を見計らって決済するつもりです。


FX 1000通貨 単位

【FX】FXの口座開設を徹底比較

【外為】あなたに合った口座をFX比較して探す

【外為】FX初心者でも安心のFX徹底入門です。

【FX】注目のくりっく365の手数料を比較

海外FX

posted by けんちゃん at 06:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。