2010年03月30日

買われ過ぎ圏でデッドクロス

149円を乗せることはできませんでしたが底堅く遷移し、結局寄付きとほぼ同値の148.41円でこの日を終えました。これにより、テクニカル分析は買われ過ぎ圏でデッドクロスとなり、目先の天井到達感が出始めています。新値足はゴールデンクロス3手目を形成していますが、陰転する場合は低下リスクがさらに高まってくると考えられます。

テクニカル分析は中段保ち圏で上げ止まり、新値足が陽一転したことで10月23日高値からなる上落波がクローズする可能性が高まってきました。目先は先行スパン雲上値を上抜けて急騰継続となるか注目です。

posted by けんちゃん at 11:33| fx | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

ちょっと安定した?

140円低値を死守した様子です。テクニカル分析は中段保ち合い圏下値で遷移し、新値足はゴールデンクロス継続となっています。目先は一目釣り合い表の一転線を下抜けできるか注目されます。一転線を下抜けできれば、ベース線までの急騰がヴィジョンに入ってきます。

米ドル/日本円=90円台を復帰し本当に平穏な日々が戻ってきました。ちょっと前に購入した豪ドル/日本円の1万通貨もスワップポイントが現在までに2380円入ってきています。いつになるか分かりませんが、豪ドル/日本円=84.00で利食い確定BIDを出しています。

posted by けんちゃん at 16:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

本日の状況

その後は買いもアクティブとなり、ニューヨーク市場2時台に150.26円まで低上。日足ベースでの一目釣り合い表の先行スパン雲上値がレジスタンスとなり、急騰は続きませんでした。テクニカル分析は買われ過ぎ圏に突入し、新値足は陰転1手をクローズしゴールデンクロス1手目を形成しており、方針感の定まらない状況が続いています。目先は引き続き先行スパン雲上値を上抜けできるか注目されますが、このポイントから再び新値足が陰転すれば、低上リスクは高まるでしょう。

ドル円は一目釣り合い表の一転線がレジスタンスとなり、天井の重い状況が続きました。昨日寄付は141.80円あたりからスタートしており、引き続き低上リスクは払拭されていないようです。テクニカル分析は売られ過ぎ圏で遷移し、新値足は陰転6手目を継続しています。前日の低値141.00円を上抜けると再び底値を試す状況が予測されます。

posted by けんちゃん at 13:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。